<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

野菜の日

8月31日は「野菜の日」だそうです。Qピーの広告で知った。
天使の日(10月4日)トムの日(10月6日)なんてのもありますからね。色々な日があります。
特にこの夏はいただいた新鮮なお野菜に囲まれて、野菜づくしの日々に感謝です!


さて、夏前から物事がボチボチ元に戻り始め。
できる限り気をつけながらも、それに慣れてきたのを感じます。マスクもフェイスシールドも自分と一体化してきました。あれは暑いですね。
冬になれば、今度は付けるとあったかいなあと思うのでしょうか。

慣れてきたのはよいけれど。
秋冬は一層気を引き締めて臨みたいものです。



 
高梨智子 * 雑記 * 23:59 * comments(0) * -

猛暑

すさまじい猛暑到来ですね。
猛夏!烈夏!って感じですよ、ヒイ…
冷房器具がなければ過ごせません。

ふとデンマークの夏を思い出しました。
部屋にエアコン(冷房)が付いていなかったんですよ。
暖房のほうは、それこそ各部屋にラジエーターが付いていてとても快適なんですが、冷房器具はなかった。
夏でも夜は涼しくなるので、なくても何とかなったんですね。どの部屋にも、どの家にもなかったです。付いていたのはお店ぐらいか。


日本では、エアコンなかったら厳しいですね。
冷房ちょっと苦手ですが、さすがにありがたく思う今日このごろ。



 
高梨智子 * 雑記 * 16:45 * comments(0) * -

今日の難読漢字-2

お勉強を兼ねて時々やっている「難読漢字」ゲーム。
正解するとどんどん次が出てきて、わからないとカウントダウンが始まって、そこで終了します。
難読漢字の定番から絶対読めないものまで、いろいろ出てくるんですが。

今回はコレ↓が読めませんでした…

頃日


普通に読めば「ころひ」。
ですがそんなわけはないので、「ころじつ」「ころすけ」など入れたけれどもハズレ。



答え:
けいじつ

1.このごろ。日ごろ。
2.過日。先日。
(広辞苑より)


最近ではあまり使われない言葉でしょうか。
2の意味のほうがしっくりくるような気がします。
「ころ」にこだわっていたのがいけなかった。世界は広いです。
普段よく見る漢字が読めないと悔しいものですね。


いよいよ7月も終わり。
そろそろ梅雨明けか。そして8月はどうなるのか。
ドキドキです。


 
 
高梨智子 * 雑記 * 23:51 * comments(0) * -

豪雨災害

九州・中国地方の豪雨災害、すさまじいです…
台風被害もそうですが、ここ毎年自然の猛威を見せつけられています。
特に水の力…

堤防って、そんなに簡単に決壊するものなのか。
人間の作ったものは、自然の力にはかなわないのか。
毎年思わされます。

今年はコロナの影響もあり、避難も色々と大変ですよね。
被災地の方々の状況が日々よくなっていきますように。


関東はここ数日、急に涼しくなりました。
これまで暑かったのに、7月半ばなのに、この涼しさ。
イヤな感じです。何事もなければいいが。



 
高梨智子 * 雑記 * 23:06 * comments(0) * -

今日の難読漢字

お勉強を兼ねて、時々「難読漢字」ゲームをやっています。
正解するとどんどん次が出てきて、わからないとカウントダウンが始まって、そこで終了。
難読漢字の定番から絶対読めないものまで、いろいろ出てきます。

コレ↓が読めなかった…

須く


普通に読めば「す」く。
もちろんハズレなので、「すだく」「すごめく」など手当たりしだいに入れたけれどもハズレ。



答え:
すべからく

なすべきこととして。当然。
(広辞苑より)


よく見る漢字、奥が深いです。



 
高梨智子 * 雑記 * 17:12 * comments(0) * -

体温測定

このような情勢なので、毎日朝晩体温を測っています。
時には昼も。ヒマさえあれば。

で、気づいたこと。
今まで、自分の平熱は 37℃ だと思っていたんですよ。
デンマーク時代、普通平熱って37℃だよと言われ、へえそうなんだと思っていました。体温高めのほうがよいとも言いますしね。

が、しかし…
ここ1ヵ月半ぐらい測り続けて、さすがにわかってきました。
どうみても、平均36.5℃ぐらいですね。マイナス0.5℃ですね。


測りもしないで自分の平熱を決めていたほうがナゾですが、それでもね。
ずーっと、長い間信じていた…

新たな発見。



 
高梨智子 * 雑記 * 23:36 * comments(0) * -

音楽朝会

上尾市立上平小学校での音楽朝会ゲスト出演、無事終わりました!
楽しかったです!!

音楽朝会とは。
「今月の歌」が1曲あり、それを全校児童が練習するのだそうです。
朝会当日は、その月の担当学年が舞台に上がって歌い、次に全校で歌い、そのあとゲストによる演奏を聴く。
自分たちの発表+ミニコンサート、という感じの朝のひと時ですね。
上平小では代々行なわれています。

このような催しがあってうらやましいです。昔はなかった。
先生方のご理解と情熱あっての催しですね。全校児童が暗譜で歌えるようになるには、日々の練習が必要ですから。


ゲスト演奏でピアノを弾いたあと、最後に今月の歌「心のなかにきらめいて」を協演させていただきました。
でれでれ
やはり合唱っていいですねえ。指揮の先生を見つめて一生懸命歌う子どもたちの歌声に、こちらもパワーをもらいました。
金管鼓笛で有名な上平小ですが、歌もがんばっています。


準備段階から色々お世話になりました、音楽の山崎先生。
校長先生、教頭先生始め、準備や片づけを手伝ってくださった先生方。
そして、子どもたち。どうもありがとうございました。
素敵な歌声と音楽朝会、これからも続いていきますように!



 
高梨智子 * 雑記 * 23:51 * comments(0) * -

コミセン ニューイヤーコンサート 2020

上尾市コミュニティセンターにおける「コミセン ニューイヤーコンサート 2020」、無事終わりました!

大充実! 大疲労! 大成功!!
 

コレに尽きます。前日のリハーサルが21:00ごろまでかかってヘロヘロに…
本番もヘロヘロかと思いきや、全員見事なまでの集中力で素晴らしいコンサートとなりました。(と自分で言っても許されますね)

チケットは完売していたので、フルハウスの中演奏できたことも幸せでした。いらしてくださった皆さま、遠方からの方、もちろんお近くの方も、どうもありがとうございました。いつもあたたかく応援してくださる方々の存在は、演奏者にとってとても大きな支えです。


思えば1週間ほど前、当日雪のマークが出ていた時はどうしようかと思いましたよ。でも、最近の天気予報はハズレ続きだったので… ね。
雪が降らなくて本当によかったです。


プログラム前半は、音楽家3人によるソロ&アンサンブル。
めでたいもの、ちょっと変わったもの、有名なもの、と色々演奏しました。
私にとってどれもが思い入れのある曲となりました。
後半は合唱曲がメインです。耳馴染みのある曲を、時に繊細に、時に楽しく、時にド迫力に歌いあげます。
照明の色も少しこだわってみましたが、いかがだったでしょうか。

始まれば、あっという間に終わってしまいます。
アンコールも含め、2020年の幕開けにふさわしい華やかで楽しいコンサートになったと思います。演奏する側も楽しかったです!
アンケートでいただいたご意見は、今後に生かしていきたいです。


古いコミセンホールでは最後のコンサート… 感慨深いものがありました。
このような催しがまったくなかった時代、学生時代から育ててもらったコミセンに、少しは恩返しできたかなあと思ったり、まだまだかなあと思ったり。
どのような場所でも、よい催しを作り続けていきたいです。


いらしてくださった皆さま、スタッフの皆さま、そして共演の皆さま。
本当にありがとうございました。全員の力が結集して、素晴らしいコンサートになりました。忘れてはいけないコミセンも! ありがとうございました。
この勢いで、2020年が素晴らしい年になりますように!


「コミセン ニューイヤーコンサート 2020」出演者スタッフ全員集合!

















当日の様子を、主催者が写真つきレポートにまとめてくださいました。
(PDF・新ウィンドウが開きます)
2020年1月26日 コミセン ニューイヤーコンサート 2020



 
高梨智子 * 雑記 * 22:08 * comments(0) * -

2020年よろしくお願いいたします

新年あけましておめでとうございます。日の出 お年玉
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

いよいよ2020年。
オリンピックイヤーの始まりです。
数々の伝説が生まれる…と思うと、ドキドキしますね。


その前に。
まずは、1月26日(日)ニューイヤーコンサートをがんばります。
ありがたいことに、チケットは残りわずかとなっているそうです。
ご希望の方はお早めにどうぞ。全席指定です。

昨日の紅白、珍しくチラ見していました。
パプリカ、栄光の架橋、いのちの歌、ときてビックリ。
どれもニューイヤーでやるんですよ。テレパシー?
これからリハーサルも始まるので楽しみです。


皆さまにとって、2020年がすばらしい年となりますように。
バラ


 
高梨智子 * 雑記 * 02:40 * comments(0) * -

芸術鑑賞会 富士見小学校

上尾市立富士見小学校における芸術鑑賞会「ピアノとお話でつづる アンデルセン童話の世界」、無事終わりました!
低学年、高学年、と2つに分けて、2回公演を行ないました。曲目や曲数を変えてのアンデルセン・コンサート2回公演は、思えば初めてだったんですね。とても充実した公演となりました。終わったら抜け殻に…

場所は体育館でしたが、11月にしては寒くなくて助かりました。
何年か前にお邪魔した時は、たしか同じ時期、控えのスペースにストーブをつけてくださったのを憶えています。
今年は暖かかったんですね。半袖の子も何人かいました。


子どもたち、とてもよく聴いて
くれました。
低学年の子どもたちの素直な反応がとても可愛く、うれしかったです。
でれでれ
高学年は終始ビシっとして、さすがは音楽のさかんな学校、自分たちも演奏する身の態度でした。
富士見小学校は、市内でも金管鼓笛隊で有名な学校なのです。先生方のご理解とご協力あってのものですね。


準備段階から当日まで、色々とお世話になりました音楽の設楽先生。
準備や片づけを手伝ってくださった先生がた。
そして、子どもたち。どうもありがとうございました。
キレイなお花もありがとうございました。

聴いてもらった曲、またはお話の、何かひとつでも、心に残ってくれたらうれしいです。
アンデルセンのお話の世界を、今度は本や絵本を通して、一人でも多くの人に体験してもらえますように。



 
高梨智子 * 雑記 * 22:18 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ